18/02/03 東海第二発電所 状況説明会。 東海文化センタ 大会議室。
■東海第二発電所の安全対策について。
■東海第二発電所の運転期間延長認可申請について。
日本原子力発電株式会社より説明があった。


原子力発電所を再び動かす。
事前の住民に対する説明会があった。
はじめての参加でした。
東海村以外のかたの参加も多かったようです。
多くの人が参加されていました。
夜のテレビのニュースで放送がありました。
翌日の茨城新聞には大きく掲載されました。

30分くらい、日本原子力発電株式会社より説明があった。
幹部のかたのていねいな説明があった。
その後、60分くらいの質疑応答があった。
いろいろと質問がでて、回答があった。
良い勉強になりました。
ありがとうございました。

最初の30分の説明では、勉強不足で、分からない言葉が多かった。
スクリーンに映される絵や文字が小さく見えなかった。
資料が配布されました。
絵や文字が小さく見ませんでした。
わたしは、目が悪く文字が小さいと拒絶反応をおこします。
頭も悪いので、理解できなかったことが多々ありました。
説明の安全対策をすれば事故は起きないとはいってくれなかったように思う。
国の決めたことを守ればよいと考えているように思えた。
事業者としての安全に対する責任・自信・誇りを感じなかった。

人間は歳をとると、いろいろとこわれてくる。
どうがんばっても、1万年は生きられない。
車なども10年ものっていると故障したりする。
放射能をもつ発電所を60年も運転していいものなのか。
福島のようになったら大変だ。
地球は、たえず動いている。
火山活動など地球が生きているあかしだ。
5億年前には、日本列島はなかった。
岩盤も動く。
想定外の地震も起きると考える。