2017/8/15 日立市郷土博物館。収蔵資料展「市民が守る日立の自然―動植物・地学―」。   茨城県日立市。
■外にある岩石。
変成岩 結晶質石灰岩。

堆積岩。



超苦鉄質岩。

火成岩。



■収蔵資料展「市民が守る日立の自然―動植物・地学―」

日立に生きている絶滅危惧種・迷惑動物や大地の変化。
神峰山測候所の観測記録の展示。
カンブリア紀から新生代までの絶滅生物の化石が展示。
茨城県レッドリスト。
オミナエシ・カワラナデシコ・ヤマブキソウなど
よくみかける植物が絶滅機種に名前が上がっていることに、驚く。
■絶滅
茨城県ではすでに絶滅したと考えられる種。
栽培下でのみ生育している野生絶滅を含む。
■絶滅危惧T類
絶滅の危機に瀕している種。
現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用する場合,野生での存続が困難。
絶滅危惧TA類。
ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高い。
■絶滅危惧TB類。
絶滅危惧TA類ほどではないが,近い将来野生での絶滅の危険性が高い。
ホトトギス。
■絶滅危惧U類。
絶滅の危険が増大している種。
現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用する場合,
近い将来「絶滅危惧TB類」のランクに移行。
オミナエシ・スズラン・アヤメ・キキョウ・ハマギク・カキツバタ
■準絶滅危惧
存続基盤が脆弱な種。
現時点での絶滅危険度は小さい。
生育条件の変化によっては「絶滅危惧」として上位ランクに移行。
キンラン・ヤマブキソウ・カワラナデシコ
■危険外来植物としてナガミヒナゲシ・
特定外来生物としてオオキンケイギク
などが紹介されていた。
■石でつくる日立市の地図。
地表にある植物・土・砂・レキを取り除く。
地層が現れる。
各地層の代表的な岩石が用意されている。
岩石で地層の部分をうめて地図をつくる。
20個くらいの岩石をうめてみた。おもしろかった。
各地層の代表的岩石がわかりやすい。