19/1/26 古文書と歴史を学ぶ会 徳川慶喜と王政復古。
仲田昭一先生  茨城県那珂郡東海村。  < >はhp制作者メモ。
●バラバラでは力は足りない。ひとつになって外国に対応。
藩がバラバラではだめ。何でまとめる。朝廷の存在。 それが明治維新が必要だった理由。

■徳川慶喜 七郎麿。1837〜1913年。水戸藩主徳川斉昭の7男。
生後7か月で水戸へ。逞しき子どもにもに育てよ。弘道館での教育。
1847年.水戸より江戸へ出て一橋家相続。

■幕政の改革。老中 阿部正弘。
●老中 阿部正弘。海防掛設置。

●安政の改革。
大船建造解禁・築地に軍艦操練所設立・長崎海軍伝習所設置。総督 永井尚志。

■徳川慶喜と大政奉還。
1859年.安政の大獄で隠居謹慎。
1860年 斉昭逝去。
1862年。一橋家再相続。将軍後見職に任ず。
1864年。3/25。禁裏御守衛総督・摂海防禦指揮に任ず。3/27 藤田小四郎ら筑波山挙兵。6/16 平岡円四郎暗殺される。7/19 禁門の変。
1865年。2/3 天狗党352人敦賀で処刑される。
1866年。8/7 禁裏御守衛総督・摂海防禦指揮辞任。8/20 徳川将軍家相続。
1867年。10/14。大政奉還。12/9。王政復古の大号令。
1868年。1/3 鳥羽伏見の戦。 1/6 大坂脱出、海路江戸へ。1/7 徳川慶喜追討令。
2/12寛永寺で謹慎。4/11 江戸無血開城。水戸弘道館で謹慎。7/23 静岡で謹慎。
1869年。9/28 謹慎解除。
1880年。5月。正二位の旧位に復す。
1897年。東京へ移住。
1913年。逝去。

■水戸家の教育 指導者の姿勢 家庭教育。
■水戸家の教育。武田耕雲斎宛徳川斉昭書簡。
●指導者の姿勢。
・弘道館の梅も偕楽園の梅も小石川の梅の実から育てたもの。軍用として梅は大切。
梅の実を勝手にひろうものがないようにすること。
・藩士の子供が外出していた時。にわか雨が降ってきた。
藩士の子供は畑のいもの葉を折り傘の代わりに持ち帰った。
文公これを見て「畑の持ち主に断ったのか」ことわっていないと答える。
と、文公はこどもともどもを世話する人に3日間の外出を禁じた。
・悪いことをしたものを見逃さないこと。
小さい過ちを許すと、規律が乱れ国が乱れる基になる。

●家庭教育。
・藩主の子供は藩士の範とならねばならない。子どもの時の教育も厳しくなる。
寒い季節でも、朝4時起床。水で顔を洗う。戸をあけて外気にあたる。
大声で四書の素読。明るくなってくると鷹合わせ・または庭廻り。
食事後、書物・剣術。コタツには入らない。
・藩主の子供は藩を継げるのは長男だけ。他の子供は他家に望まれれば養子にいく。
養子先で水戸徳川家の名を辱めてはいけない。
文武ともに励む。馬術は馬場を乗っているだけではダメ。
好文亭、仙波のあたりを回ること。湊などへも付の者と共に腰弁当で遠馬すること。

●書。
慶喜の小さいときの書がある。斉昭が子供に自由に好きな字を書かせた?
小さい時から四書の素読が日課だった。暗記していたと思える。
何か書けといわれ、頭に浮かんだ字を書いたのでは?
・6才の時。「進思盡忠」と書いている。
<「孝経」君子之事上也、進思盡忠、退思補過。
君子が君主に仕えるのには、君主の前に進み出ては、忠義を尽くそうと努め、退いては(君主の)過ちを補おうと努める>
・7才の時。「志於道」と書いている。
「論語」子曰、志於道、據於コ、依於仁、游於藝。
子曰わく、道に志し、徳に拠り、仁に依り、芸に游ぶ。
・「游於藝」と書いている。
芸は礼・楽・射・御・書・数の六芸。

●斉昭から長男慶篤への教え。
判断迷うときは、四書五経による。または、徳川家光・敬公・南龍公・・・。
冑・刀剣・鉄砲・馬具を好のめ。茶器・掛け軸はだめ。
名将言行録などの書を常にそばに置き読むこと。
僧侶には十分留意。とくに奥向きから取り入ってくる。
武士としてのあり方。目標をたててそれに向かって常に励むこと。

■慶喜の書。
●紙本墨書絹装
「無貴賤接以誠 無大小待以誠」
貴賤なく誠をもって接し、大小なく誠をもって待つ。
身分にとらわれず人とまじわり、家柄にとらわれず人材を登用することが誠を実現する方法である。

●絹本墨書
「誠」
徳川将軍家に入るために一橋家を離れる際に書いたもの。

■水戸徳川家の「庭訓」。
●2代義公光圀。
我が主君は天子也。今将軍は我が宗室なり・・・。

●7代 武公治紀。
我等は将軍家いかほど御尤もの事にても、天子に御向かい弓をひかせられなば、
少しも将軍家にしたがいたてまつることはせぬ心得也・・・。

●9代 烈公斉昭と慶喜。
慶喜は・・・唯庭訓を守ったに過ぎない・・・父斉昭も同じ志にて・・・
天子と将軍家の間に何か起こった場合、水戸徳川家は決して天子には弓をひかない。
<これが水戸徳川家の庭訓>

●徳川慶喜。宗家相続・将軍職就任を迫られて。
・・・徳川の家をこれまでのごとく持ち伝へんことは覚束なければ、
この際断然王政の御代に復して、ひたすら忠義を・・・
予が政権奉還の志を有せしは実にこの頃の事にて、
東照宮は日本国のために幕府を開きて将軍職に就かれたるが、
予は日本国のために幕府を葬るの任に当たるべしと覚悟をさだめたるなる。
・・・旗本などの始末をどうするとかこうするとかいうところまでには、考えが及ばない。
「昔夢会筆記」



■大政奉還に反対。
●紀伊藩主 徳川茂承。
・・・各々が徳川氏のためにますます君臣之大義に励み、以て数百年のご厚恩に報ずる・・・。

●水戸藩主 徳川慶篤。
・・・やはり、幕府を恢復することが、かえって王室安泰の基である・・・。

■徳川慶喜の至誠。
国の未来のためにひたすら恭順・私を捨てる。
200年来の先祖の栄光を地に落とした。多くの部下を路頭に迷わせた。
苦渋の選択の拠りところは「水戸家の遺訓」。

■鳥羽・伏見の戦い。大坂城脱出のこと。
1867年。
12/9。小御所会議。12/13。慶喜の辞官治納地。幕閣ら反対。
12/23。江戸城二の丸全焼。薩摩藩士の放火?
12/25。三田薩摩藩邸を桑名藩兵が焼き討ち。
明治元年。
1/1。討薩の表。大義により君側の奸を一掃する。諸藩も早々に出兵を。
1/2。幕府軍1万5千の軍勢で対応。
1/5。幕府側現職老中淀藩寝返る。
1/6。津藩の寝返り。
慶喜江戸にて再起を?
刺殺されるまでも会桑二藩を諭して国に帰らせ、再上京して朝廷の御為に粉骨砕身仕えるべし、
と懇願すればよかりしものの、諭しえず、
「いかようにも勝手にせよ」と言い放ちが一期の失策なり。
1/7。開陽丸に移る。
1/12。江戸城着。


■徳川慶喜の決意。
慶喜の幕政改革 →大政奉還決意 →小御所会議 王政復古の大号令 →鳥羽・伏見の戦い →大坂退去後ひたすら恭順 
仏国レオン・ロッシュの支援申し出謝絶。
・・・勅命といはんには違背し難き国風なり。・・・国内各地に戦争起こりて、300年前の如き兵乱の世となり、
万民其害を受けん、これ最も余が忍びざるところなり。・・・
抑東帰以来余が心既に決して、聊かも動揺することなし。・・・。


<●慶喜は英仏などの代理戦争を避けた。

●慶喜は家訓により朝廷に対して弓をひかなかった。というが、
何故幕府側をまとめられなかった。何が不足していたのか。
とくに戊辰戦争、亡くなった藩の人々をどのように考えたか。
天狗党の扱いも同様。

戦争は終わり方が難しい。
会津戦争の場合、会津藩が降伏を官軍に申し出た。が、
官軍は拒否した。結局落城まで行った。
庄内藩は最後まで抵抗した。西郷隆盛がおさめた。
会津戦争で、西郷隆盛が官軍の将として参加していれば、
別な展開になっていたかもしれない。
天狗党の場合、慶喜のために京にいった水戸藩のひとを
慶喜はこばんだ。天狗党を逆賊として討伐側大将となった。
その結果、水戸藩士三百数十名は虐殺された。現在でも天狗派・諸生派の和解はならない?
会津藩は家訓により徳川家のために最後までたたかった。
慶喜は無血開城で城を明け渡した後。
ひたすら部屋に閉じこもった。部下のことを無視するように口を閉じた。
慶喜は自決することもなく生涯を終えた。
奇才斉昭のこども慶喜が将軍になってしまった。
それがいくつかの悲劇を生んだようにも感じる。
戦いの終わり方は難しい。
太平洋戦争は玉音放送により戦争終結>