×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  
津城 つじょう   2008/08/30,31 三重県津市丸之内  通称 安濃津城。 輪郭式平城。 築城主 細野藤敦。  江戸時代初期、藤堂高虎により改修。
安濃津城 あのつじょう


入徳門  1820年 藩士やその子弟を教育するための藩校としてつくられた。入徳門は、講堂の正門の門。「大学は諸学徳に入る門なり」という言葉からきているといわれる。(説明板より)



藤堂高虎像

高山公遺訓(藤堂高虎家訓200箇条。・・・そのはじめの1か条。) 可為士者常之覚悟之事 寝屋を出るより 其日を死番と可得心 かやうに覚悟極るゆへに 物に動する事なし 是可為本意 武士たるものは、常に覚悟しておかなければならないことがある。家を出る時、今日は死ぬかもしれない、と心がけることが大事。そういう覚悟があれば、物事に動じない。本来は、こうあるべきだ。















高山神社