伊勢神宮内宮 いせじんぐうないぐう   2008/08/31  三重県伊勢市宇治館町1   皇大神宮 こうたいじんぐう  天照大神をまつる。
宇治橋と鳥居。 外側の鳥居 高さ約7m。外宮旧御正殿の棟持柱が使われる。20年後には、桑名の「七里の渡し」の神宮遥拝の鳥居になる。御正殿の棟持柱で20年、宇治橋の鳥居で20年、桑名で20年。計60年間、使用される。

宇治橋 長さ約102m、巾約8m。檜造りの橋。式年遷宮の4年前に掛け替えられる。

五十鈴川

内側の鳥居 高さ約7m。内宮旧御正殿の棟持柱が使われる。20年後には鈴鹿峠「関の追分け」の神宮遥拝の鳥居となる。御正殿の棟持柱で20年、宇治橋の鳥居で20年、鈴鹿で20年。計60年使用される。

神苑



火除橋(ひよけばし)防火の為に掘った溝川にかけられている。



第一鳥居

五十鈴川 御手洗場(みたらし)御手洗場は禊(みそ)ぎの為、参拝の前に身を清めるところ。

瀧祭神(たきまつりのかみ) 社殿はない。五十鈴川の水の神、弥都波能売神(みずはのめのかみ)を石畳の上に祀る。



第二鳥居

神楽殿  入母屋造りで銅板葺きの建物。神楽殿・御饌殿・御札授与所がある。

五丈殿(ごじょうでん)雨天時、御祓い・遙拝など諸祭が行われる。

御酒殿(みさかどの)   昔は、神酒を醸造していた。御酒殿祭(6月、10月、12月)は神酒がうまく醸造されるよう祈願し、酒造業の繁栄を祈る。月次祭(6月、12月)、神嘗祭(10月)の由貴の大御饌祭りに供える。白酒(しろき)、黒酒(くろき)、れい酒(れいしゅ)、清酒の神酒を御酒殿神(みさかどののかみ)に納める。

由貴御倉(ゆきのみくら) 由貴御倉神を祀る。御饌祭のお供えを納める御倉として、由貴御倉と呼ばれる。

忌火屋殿(いんびやでん) 内宮と内宮所管の宮社の神饌を調理するところ。「忌火」は「清浄な火」を意味する。



御贄調舎(みにえちょうしゃ)内宮の祭典のとき、神饌(御贄)の代表として、アワビを調理する儀式がなされる。

御正宮(ごしょうぐう)石段のぼり、板垣南御門に進むと、生絹の御幌(みとばり)が、かけられている外玉垣南御門前で参拝をする。神明造りと呼ばれる建築様式。

新御敷地 西の敷地 東の敷地と同じ広さがある。20年に1度、神宮式年遷宮(じんぐうしきねんせんぐう)がある。正殿・御垣内(みかきうち)の建物を新らしくつくる。殿内の御装束や神宝を新調、御神体を新宮へうつす。(説明板より)

籾だね石



御稲御倉(みしねのみくら)(左)と外幣殿(げへいでん)御稲御倉。御稲御倉神(みしねのみくらのかみ)を祀る。神宮神田より、収穫した抜穂(ぬいほ)の御稲が修められる。外幣殿。古神宝類が納められている。

荒祭宮(あらまつりのみや)  御正宮は国家的な祈りをするところ。荒祭宮は個人的な願い事をお願いできる。天照大御神の荒御魂を祀っている第一の別宮。困った時に助けてくださる神様、長生きさせてくださる神様。荒御魂というのは、事にあたって動きを示す荒く猛々しい時の御魂をいう。普通の時の御魂は和御魂(にぎみたま)という。





風日祈宮橋





風日祈宮(かざひのみのみや)外宮の風宮と同じ天候の順調や豊作を祈る風の神をまつる。元寇に神風を吹かせたのはこの風日祈宮といわる。級長津彦命(しなつひこのみこと)と、級長戸辺命(しなとべのみこと)を祀る。



御厩

火除橋

大山祇神社(おおやまつみじんじゃ) 。神路山の守り神。古くは山神社とよばれた。

子安神社 宇治館町の産土(うぶすな)の神。木華開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)を祀る。安産や厄除けの神。

神宮司庁(じんぐうしちょう)大宮司・小宮司・祢宜、楽師、宮中警衛、神苑管理など。600人を超える方が奉仕している。

おはらい町通り

おかげ横丁