熊野那智大社  青岸渡寺  那智大滝
那智大滝 なちおおたき  2008/09/01 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山  那智の瀧は、那智の奥山からわき出ている清い川水。断崖にかかる落差133mの瀧。日本一の名瀑と云われる。神倭磐余彦命が、この瀧を大己貴命の霊代として祀る。後に飛瀧権現と称える。今では、熊野那智大社の別宮で、飛瀧神社という。修験道では、瀧修業場として最高の霊場とする。文覚上人の荒行などで有名。瀧水は古来「生命の母」と崇め、延命長寿の霊水とする信仰がある。那智の瀧付近は「世界遺産」。吉野熊野国立公園特別地域・国指定名勝・那智原始林は天然記念物。(案内板より)  熊野那智大社別宮飛瀧権現那智大瀧









熊野那智大社別宮飛瀧(ひろう)神社  大己貴命(おおなむじのみこと)を祀る。本殿、拝殿はない。滝を直接拝む。滝が御神体。

延命長寿の水

飛瀧神社拝所



那智大滝  落差133m、銚子口の幅13m、滝壺の深さ10m。那智原始林  世界遺産。原始の姿を伝えている。一般の入山が禁止されている。<解説板より>












   熊野那智大社  青岸渡寺  那智大滝