本覚院 ほんがくいん  2008/09/04  和歌山県伊都郡高野町高野山618   行空上人が開基。本尊、智証大師作の不動明王像。古来より伏見宮家菩提所。源頼朝の子息である大友一法師丸以来、19代、尾張徳川、臼杵稲葉、大洲加藤、岸和田岡部等の諸侯の帰依を受けた。稲葉家との縁により歴代住職は稲葉の姓を名乗る。寺紋も稲葉家に由来する「角切折敷三文字」を用いる。(本覚院ホームぺージより)