本王院・五大院(ほうのういん・ごだいいん)  2008/09/04  和歌山県伊都郡高野町高野山610  多宝坊 本王院 本尊は聖観世音菩産、寺絞は五七の桐 1158年、上野阿闍梨宝心僧都が登山して開基。多宝坊本王院とよぶ。1159年、常陸国行方郡の住人少納言覚尋徳蔵法印登嶺して2代目を継承  常陸の大名、島崎、姻田、宍戸の帰依あつくする。以後、茨城・東京・大阪・堺など全国に信徒を擁す。1854年、五大院と合併、現在地に移る。(パンフレットより)  葛西坊 五大院  本尊は薬師如来、寺紋は三ッ柏 894年、尭雅僧正が、堂一宇を建立、五大明王を安置、五大院とよぶ。 その後、焼失。1092年、行圓大僧都が堂宇を再建。 1331年、第20世澄喜法印、第99代寺務検校法印、並に第107代金剛峯寺座主に昇進。奥州宮城石巻の城主葛西の帰依をあつくする。葛西坊五大院という。葛西め縁戚、仙台の伊達政宗、宮城県、福島県、岩手県及び京都・奈良方面に多数の信徒がいる。明石の城主の篤信を得て、明石地方にも信徒が多い。(パンフレットより)