巴陵院 はりょういん   2008/09/04  和歌山県伊都郡高野町高野山702  1525年、福蔵院と称していた。後柏原天皇より「御所坊」の御綸旨を賜り御皇室の宿坊となる。その後戦国時代、相馬・伊達等の大名家の菩提寺となる。1653年、相馬義胤の法名により巴陵院と改称。1582年、浄土真宗・顕如上人より、親鸞聖人時雨御影と本願石が寄進される。(高野山観光協会・宿坊組合ホームぺージより)