壇上伽藍  だんじょうがらん    2008/09/04   和歌山県伊都郡高野町高野山  壇上伽藍は、弘法大師、真言密教の思想を具現化した聖地。大日如来の仏都高野山は、根本大塔を密教宇宙の中心軸とし展開。諸堂の配置も高野山独自のもの。高野山の中核となる部分。伽藍の配置。

六時の鐘 伽藍入口、石垣の上にある。1615年、福島正則が建立。1630年、焼失。1635年、子息正利により再建。今日に至るまで朝6時から夜10時までの2時間おきに時をつげている。(説明板より)



蓮池と太鼓橋  伽藍の南にある。蓮池には1本の蓮もない。蓮のない蓮池。蓮池の中央には小島がある。善女龍王を祀る社(やしろ)がある。(高野山霊宝館ホームぺージより)

東塔  1127年、白河法皇の願いにより創建。中尊は、尊勝仏頂尊(そんしょうぶっちょうそん)。脇仏は、不動明王、降三世(ごうさんぜ)明王。1843年、焼失。1983年、再建。(説明板より)

三昧堂  本尊、金剛界大日如来。1166〜1169年、金剛峯寺座主済高上人が理趣三昧を修した。1816年、再建。

大会堂 (奥は三昧堂)  本尊、丈六の阿弥陀如来、脇侍は、観世音菩薩、勢至菩薩。1175年、鳥羽法皇のため、五辻斎院内親王が建立。奥之院近くから移築。蓮華乗院と呼ばれたが、その後、大会堂と呼ばれる。1848年頃再建。

不動堂  本尊、不動明王座像。脇侍は、八大童子立像。霊宝館にある。1197年、鳥羽上皇の皇女である八條女院内親王の願いにより、行勝上人が建立。14世紀前半に再建。鎌倉時代後期に再建。桧皮葺(ひわだぶき)、入母屋造の住宅風仏堂。(説明板より)

愛染堂  本尊、愛染明王。1334年、後醍醐天皇の勅願により建立。1816年、再建。愛染明王護摩と長日護摩をおこなうところ。(説明板より)

根本大塔(こんぽんだいとう)  弘法大師は大塔を真言密教の象徴として建立。雷により、何回も焼け、その都度再建。現在の塔は1934年に再建。高さ48.5m、四方各25m。高野山を象徴する八葉蓮華としての山々の中心にある。高野山の教理上の中心としての大日如来を象徴。方形の初層に裳層(もこし)をつけ、覆鉢の上に屋蓋をかさねた一層塔。内部には、胎蔵大日如来、四方に金剛界四仏を安置。諸仏の配置は真言宗の根本経典である「大日経」「金剛頂経」による。両者が不二であることを象徴している。16本の柱には、十六大菩薩、壁には真言八祖像が描かれている。(説明板参照)



大塔の鐘  弘法大師が鋳造を発願、第二世、真然大徳により完成。火災などで度々鐘楼が焼失。改鋳される。現在の銅鐘は、1547年のもの。直径約2m。通称、高野四郎(こうやしろう)と呼ばれる。毎日午前4時、午後1時、午後5時(春季彼岸中日より秋季彼岸中日までは午後6時)、午後9時、午後11時の5回、鐘がつかれる。(説明板参照)

御影堂(みえいどう)  1843年、焼失。1848年、紀州徳川により再建。宝形造り。五間四面の桧皮葺。かつては、念誦堂、真言堂、持仏堂とよばれた。御影堂の名は、真如親王の筆になる大師御影を安置していることによる。

准胝堂(じゅんていどう)  本尊、准胝観音。973年頃、建立。何度か焼失。1883年、再建。准胝観音は、高野山では、出家得度の観音さま。

孔雀堂(くじゃくどう)  本尊、孔雀明王像。1200年、後鳥羽法王の願いにより、建立。1926年、焼失。1983年、再建。請雨祈願に、孔雀経法が効果があるとのこと。孔雀は害虫やコブラなどの毒蛇を食べる。孔雀明王は「人々の災厄や苦痛を取り除く功徳」があるとされ信仰の対象となった。(説明板、Wikipediaより)



西塔(さいとう)  本尊、大日如来像。887年、弘法大師の遺志により、第二世、真然大徳が建立。現在の西塔は、5度目の再建。1834年、欅(けやき)材で柱間五間に五間で、たてられた。方形の初層に、これを覆う裳層(もこし)と、その上に小さな覆鉢をおく。さらに大きな屋蓋で全体を覆う。 柱は外陣に20本、内陣に12本、中心に4本、合計36本。中心柱を加えて、金剛界37尊を象徴する。(説明板より)密教の世界は、曼荼羅で表される。大日如来を中心に、仏が配置される。金剛界と胎蔵界を両方表したものを「両界曼荼羅」という。 西塔の内部も両界を表す。内部には五仏を安置。中心は金剛界・大日如来像。周囲は胎蔵界の四仏をおく。。

御社(みやしろ)  丹生(にう)明神、高野明神、十二王子百二十伴神をまつる。弘法大師は、高野山開山時、仏教と神の融和をはかろうと考えた。819年、山高野山の地主神として、丹生明神と高野明神(狩場明神)を勧請。高野山の鎮守とした。本社は山麓にある。1594年、再建。(説明板参照)

御社の鐘  1846年の製作。

山王院(さんのういん)  藤原時代の創建。1594年、再建。御社の拝殿として建立。九間三面、入母屋造りの建物。山王院とは、地主山王を拝する場所の意味。毎年、修行学道の竪精(りっせい)論議、月並問講が行われる場所。(説明板参照)

六角経蔵(ろっかくきょうぞう)  1159年、創建。その後、焼失。1934年、再建。鳥羽院の妃、美福門院寄進の紺字一切経(紺紙に金泥で浄写)を納めた。現在、一切経は霊宝館にある。(説明板参照)

金堂(こんどう)  本尊、阿シュク如来(あしゅくにょらい)像。山内の主な法要が金堂で行なわれる。819年、伽藍の中で最初に創建。その後、数回焼失。その都度再建。1926年、大火。本尊ほか焼失。1934年、再建。鉄筋コンクリート造、屋根は入母屋造。

中門跡(ちゅうもんあと)  847年、弘法大師弟子の実恵大徳により建立。その後、数度焼失。その都度再建された。1843年焼失。その後、再建されず、礎石のみ現存。(説明板より)手前礎石のみ残る。(奥は金堂。)