桜池院  ようちいん   2008/09/04  和歌山県伊都郡高野町高野山293   本尊、阿弥陀如来、持仏毘沙門天。学侶の寺。開基、白河天皇第四皇子覚法親王(1153年没)。養智院といった。1258年、後嵯峨院が、庭前の桜をみて、「桜咲く木の間もれくる月影に 心も澄める庭の池水」 と詠んだ歌により院号を桜池院とした。武田信玄・武田家代々の御菩提所。防州大内家歴代の檀寺。(桜池院ホームぺージより)