霊宝館  れいほうかん   2008/09/04 和歌山県伊都郡高野町306  1921年、高野山霊宝館開館。1961年、高野山大宝蔵完成。 1984年、新収蔵庫完成。 2003年 平成大宝蔵完成。 本山、山内各寺院の国宝、重要文化財の仏像、仏画、仏具経典等を保管。一部展示。建物外観は、宇治の平等院を模している。 高野山は開創以来、12世紀にわたり栄枯盛衰を繰り返し、今も法燈を守り続ける真言密教の一大道場。自然災害や明治初期の廃仏毀釈などで、優れた文化遺産をなくした。しかし、現在も117ヶ寺に有する文化財は膨大な量がある。霊宝館は、高野山内の貴重な文化遺産を保存展示する施設として作られた。(高野山霊宝館ホームぺージより)