密厳院  みつごんいん  ・苅萱堂 かるかやどう  2008/09/05  和歌山県伊都郡高野町  開基、興教大師覚鑁上人。本尊、不動明王像。苅萱堂は密厳院の堂のひとつ。1931年、改築。苅萱堂、石童丸の話。苅萱堂は、父苅萱道心と母千里、その子石童丸の悲劇を絵で紹介している。千里、石童丸は、出家した父親を追って、高野山の麓までくる。高野山は、女人禁制のために千里は麓に残る。小さい石童丸だけが入山。偶然にも、修行中の実の父にあう。しかし、実の父とはわからなかった。実の父より、「父はなくなった」といわれる。石童丸が、麓に戻ると、母千里は急死していた。石童丸は、高野山に戻って出家することになる。偶然に出会った、実の父のもと、父とは知らず、40年の間、修行を積んだという・・・話。(高野山霊宝館ホームぺージより)



苅萱堂



密厳院近くの鳥居