成福院  じょうふくいん   2008/09/05  和歌山県伊都郡高野町高野山593  本尊、大随求明王(だいずいぐみょうおう)木像。1523年、火災。記録は全て焼失。1539年、中興、尭栄重源房により再建。大檀主は、対馬領主宗家、長門清末城主毛利家、奧州角田城主石川家、出羽亀田城主岩城家、長門豊浦城主毛利家、肥前唐津城主寺沢家、公卿飛鳥井家。

摩尼宝塔(まにほうとう)  八角形の堂。ビルマ国(現ミャンマー)から贈られた釈迦如来を本尊とする。塔の発願者は、成福院、上田天瑞大僧正。日々、護摩供養を厳修して、200万英霊の菩提を弔う。宝塔の内陣の壁には、仏画、約一万五千体が貼られている。 地下は八角の地下道を巡る場所となっている。



1941年、上田天瑞は、仏教研究のためにタイ国にいく。大戦により陸軍嘱託としてビルマに進駐。その後ビルマ僧となって修行。1944年、ビルマより贈られた釈迦仏像と大蔵経を持ち帰国。釈迦仏像を本尊として、ビルマ戦没英霊を高野山で供養することを発願。1956年政府派遣遺骨収集団に宗教代表として参加。1956年、建築に着手。1965年、第1期の摩尼宝塔工事終了。1984年、仲下住職は、前住職の遺志を継ぎ摩尼宝塔完成を発願。戦友・遺族・有縁の信者の協力を得て、三層八角の宝塔が完成。2000年、塔内の壁にステンドガラス、床にミャンマーより取り寄せた大理石を使用する大改修。ウ・ネウイン前大統領より釈迦像を贈られる。ビルマ高僧ウ・サンディマウンタ大僧正からは大理石獅子を贈られる。(成福院ホームページより)